主婦でも借りられるローンはある?

「専業主婦でお金借りる」のは難しいということは知られていますが、これは貸金業法が平成18年に改正された際に決められた「総量規制」によるものです。
この総量規制とは、際限なくお金を貸し付けることにより、返済ができなくなることを抑制するという目的で決められたもので、一つの消費者金融機関からは50万円、他社と併せても100万円を超える貸付を行う際には源泉徴収票等によって収入を証明し、年収の三分の一以上の貸付を禁止するものです。

これによって、年収という概念のない専業主婦は、お金を借りるということがとても難しくなりました。
収入がない専業主婦は消費者金融では融資を受けることができません。
専業主婦の場合は、「配偶者貸付」として貸付を受けることができるのです。
これは総量規制の対象とならない銀行カードローンでなら配偶者に安定した収入があれば借りられます。
専業主婦は消費者金融では借りられなくなたけれど、銀行カードローンなら配偶者に収入がありそこから返済できるので借りられるということです。

パートやアルバイトなどで毎月安定した(大きな浮き沈みなく一定した)収入がある主婦であれば消費者金融からでも銀行カードローンからでも借りられます。
自分に収入があるので総量規制は関係ありません。
ただし消費者金融では50万円以上借りたいと希望する場合時は収入証明書の提出を求められます。
50万円以下なら不要です。

主婦の借り入れ限度額は収入によります。
給与の多い人は多く借りられますし、少ない人はそれなりです。
専業主婦は最高30~50万円が一般的です。

金融会社では主婦といっても収入のありなしで区別されています。
主婦でも借りられるローンはありますので、必要なだけ申し込めるカードローン会社に申し込んでください。
しかし、初めて利用する場合はどこの会社がいいかわかりませんよね。
そんなときは安心借入ネットを要チェックを活用してください。
参照先を紹介します:コチラ
ぴったりのカードローンを探すことができます。